Bloggerの特定ページだけ動作を変える方法

グーグル製ブログのBloggerを使っていると、ある特定のページだけ動作を変えたい時があります。例えば、グーグルアドセンスの自動広告を記事ページだけに表示して、他のページには表示したくない場合などです。このような場合、下記のようにBloggerのコマンドタグ「<b:if cond='***'>***</b:if>」をHTMLソースに記述することによって実現できます。

Bloggerの特定ページだけにHTMLを記述する方法

パソコンの画像
私はこれを使って、ヘッドタグ内の広告コードに適用して、記事ページだけに自動広告を設定しています。他のアドセンス広告もBloggerのサイトのテーマにPrime ZELOを使って、記事ページ以外は表示しないようにしています。これなら、コンテンツ不足でプログラムポリシー違反になることはないでしょう。

Bloggerのコマンドタグ b:if の使い方

例えば投稿ページだけに自動広告を表示したい場合は次のようにします。
<b:if cond='data:blog.pageType == "item"'>
アドセンスの自動広告コード
</b:if>

 反対に、投稿ページ以外のページだけにHTMLを表示したい場合は
<b:if cond='data:blog.pageType != "item"'>
アドセンスの自動広告コード
</b:if>

 ここでdata:blog.pageType  "item" の時が投稿ページを表しています。 == が等しい場合で != が等しくない場合です。

Bloggerの data:blog.pageType の種類

トップページ: "index"
投稿ページ: "item"
固定ページ: "static_page"
月別アーカイブページ: "archive"
404 Not Foundページ: "error_page"

URLを指定する場合

トップページだけHTML動作を変更するには次のようにします。上記の「トップページ: "index" 」の場合と動作は同じですね。
<b:if cond='data:blog.url == data:blog.homepageUrl'>
HMTLコード
</b:if>

 指定したURLページだけHTML動作を変更するには次のようにします。
<b:if cond='data:blog.url == "http://example.com/example.html"'>
HMTLコード
</b:if>

Bloggerの data:blog.*** で指定する場合の参考情報

URLを指定: data:blog.url
ページタイトル: data:blog.pageTitle
投稿タイトル: data:blog.pageName
ブログ名: data:blog.title
ラベルページ: data:blog.searchLabel
検索ページ: data:blog.searchQuery
モバイルページ: data:blog.isMobile

コメント